忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ヤフートピックスを狙え』菅野夕霧

ヤフートピックスを狙え』新潮新書 菅野夕霧

神楽坂を含む、広域市ヶ谷の一早い情報で頼りになるウェブ新聞、市ヶ谷経済新聞さん。その編集長を務め、コピーライターでもある菅野夕霧さんが出した本。ずっと読みたいと思っていたのですが、バタバタしておりまして、やっと読めました!!

まず、さすがコピーライターさんで、本当に読みやすく、内容が頭に入りやすい文字運び。どうやって自社の製品などを宣伝費をかけずに話題を作り出し、販売につなげるかなどのノウハウが、例なども多く取り入れて丁寧に解説してあります。毎日毎日ヤフーニュースに載るニュースの中でも、厳選された話題のニュース、ヤフートピックスに選ばれるだけの話題性をつくること。これが鍵なんですね!

そしてヤフーニュースになる記事をお書きになる立場から、トピックスに表示される13文字の重要性などが書かれていて、いろんな方向から楽しめます。

ラリアンスさんの「森伊蔵の焼酎ショコラ」、神楽坂飯店さんの「ジャンボ餃子」、不二家神楽坂店の「ペコちゃん本」、東京理科大学の「ロボット受付嬢」などの例も取り上げられていて、神楽坂の人にはよりなじみが深くてきっと身近に感じちゃいそうです!

この本、本当にいろんな書店さんで目の着く位置に平積みされているのを見かけます。人気抜群なんでしょうね!

お店をやっているやっていないにかかわらず、「見せ方」についてとても勉強になる本ではないかと思います。そして、読むとなんだかやる気が出るような気がしました。これも素敵な菅野さんマジックなんだろうなぁ〜!
PR

『嵐の聖地』

嵐の聖地

ジャニーズの嵐が出演するドラマのロケ地を、思い出しながらお散歩しているような気分になれる本。ポケットやちょっとした小さなバックにも入るサイズで、持ち歩きにも便利そうです。神楽坂も、「背景、父上様」のロケ地として、素敵な写真とともに、ドラマのシーンの解説付きで、20ページ強出ています。

「拝啓、父上様」も、2007年1月からの放送だったので、そう考えるともうだいぶ前ですね。この本をめくっていると、あ、こんな場面があったな、と思い出したり、こんなところ出ていたっけ?と自分の記憶力の衰えをひしひしと感じたりも!?

『Comfie』vol.4(2009 Autumn Collection)[雑誌]

『Comfie』vol.4(2009 Autumn Collection)
交通タイムス社

ナチュラルで心地のいい感じのお洋服を扱っていらっしゃる雑誌、Comfie(コンフィー)さん。

2009年8月26日発売の号、vol.4は、神楽坂のお店の特集ページが組まれています。やさしい空気感がながれるお店の数々。お店の方へ、素敵な時間の過ごし方なんかもインタビューされているのもいいですね〜。

紹介されているお店が載っている神楽坂マップのページ(p80)もあるのですが、こちらは、以前から大ファンのイラストレーターの田村記久恵さんが手がけているのもうれしいところ。ご自身もとっても和物好きで、田村記久恵さんの表現する、風情と茶目っ気の併せ持ったような作品の雰囲気って、神楽坂にとっても合うんじゃないかなぁと思っていました。イラストだけでなくイラストとともにエッセイなどもいろいろなところで書かれていらっしゃるのですが、するどいながらも暖かみあふれるものが多く、なんかこうほっとするような感じで、とっても心地いい。今回のページでも、神楽坂の街は、洋の履物でも和の履物でもどちらでも似合う、ということが添えられていて、なるほど!!と改めて神楽坂を見直してみたり。

そして、神楽坂特集の「編集後記」のページ(p81)には・・・
この「神楽坂のをと」のことも書かれています!是非チェックしてみて下さいね!
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索