忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『地蔵屋』手焼き煎餅 [袋町]

地蔵通りを上りきり、道なりに右に曲がったところにある、黄色いおうち。そこに2010年8月18日に、おばあちゃまが一枚一枚丁寧に焼いているおせんべい屋さんができました!急な坂をのぼって視界に入って来た、お一人でちょこんと腰掛けられているお姿が、なんともいえずグッときました。

お米も国産こしひかり100%で、たれにも化学調味料なども一切使わず、炭も紀州の備長炭。蒸篭蒸しや天日干しをした生地を、おばあちゃまが暑い中ふうふういいながら、丁寧に焼いています。1人でがんばって焼いて、一日に100枚ほどしか焼けないんだそうですよ!



暑い中さっと麦茶をだしてくださり、どうぞどうぞとおせんべいの試食もさせていただきました。

材料や行程にとことんこだわっているだけあり、本当に上質な味わい!私は化学調味料が苦手で、おせんべいには入っているものが多いので原材料表示を見て躊躇することが多かったのですが、これは本当に美味しいだけではなく安心していただけます!

味付けもまろやかで、近隣の外国人の方も「おせんべいはしょっぱいものが多いけれど、これは本当に美味しい!」と、虜になってしまった方もいるそうですよ。

おせんべいをつくる行程を聞いてみたら、これは本当に大変!石臼でついた生地を天日干しにした状態からさらに、炭に火をおこすのに60分、中まで火が通るのに120分、その炭で煎餅の生地をあたためるのに60分、そこからようやく生地を焼いていくんだそうです。灼熱の中一枚一枚焼き上げ、煎餅をさまし、特製の醤油をつけ、また炭の上で煎餅を乾燥させ、再度冷ます・・・これをおばあちゃまが一人でやっていらっしゃるのかと思うと・・・。量産に走らない、いいものをつくりたいというこだわりに本当に頭が下がります。

箱詰めや袋詰めにもしてくださいます。愛情のこもった素敵な新しい神楽坂土産。おばあちゃんと神楽坂のぬくもりが感じられる、こういうの、本当にいいですよね。これからも楽しみです!

ちなみにこのおうち、とても一目をひくレモン色で、私もだいぶ前に初めて通りかかった時から記憶にのこっていました。やはり「黄色い家」としてみなさん認知されているようで、一度、住所に「神楽坂の黄色い家」とだけ書かれた手紙がちゃん届いたんだそうですよ。

穏やかなおばあちゃまと共に、幸せの黄色が目印です。

■お店情報
「神楽坂 地蔵屋」公式サイト
地図(マピオン:じぞうや)
2010年9月現在、不定休。営業時間は日によって違い、大体10:30頃から夕方まで



神楽坂 袋町 地蔵坂 藁だな横丁 わらだな横丁
PR

『三代和食や』弁当 [三丁目]

神楽坂には、ろばたの炉さんが2軒あり、一つは神楽坂通沿い、もう一つは本多横町。その本多横町のほうのろばたの炉さんは夜のみ営業で、昼間は同じ店舗でお弁当屋さんになります。それが、三代和食やさん。

名前の通り、基本的に和食なお弁当で、お手頃で美味しい。


この日は売り切れ間際だったのですが、通常、おにぎりやお惣菜も含めて70種類ぐらいあるそうです。

サバの西京焼弁当。お魚もたっぷりで、いろいろなおかずが少しずつ楽しめるのがうれしいですね。

お惣菜は180円ぐらい、お弁当も580円ぐらいから(2010年現在)と、お財布にも優しく、とにかく種類が豊富なので、毎回違ったメニューを選べる楽しみもありそうですね。

■お店情報
「三代和食や」公式サイト
地図(マピオン:さんだいわしょくや)



神楽坂 3丁目 3丁目 三丁目 本多横町

『五十鈴』和菓子 [五丁目]

五丁目の通り沿いにそびえる和菓子の五十鈴さん。毘沙門天から坂上方面へ3軒目です。

1946年(昭和21年)の創業ということですが、戦後の混乱の中すぐに始められたというのは、想像するとすごいですね!

沢山の神楽坂土産になるようなお菓子をあつかっていらっしゃり、常連さんも多く、来る人来る人、「いつものアレ」とか言ってお買い求めになって行っています。


おかみさんがとても親切で、この日も日本語を話せない外国人観光客が買いに来ていましたが、優しく忍耐強く説明する姿に、お客さんも安心して買って行かれていました。


(左)パイ生地にクルミと餡がくるまれた神楽坂饅頭。
(右)五十鈴さんと言えば甘納豆が有名ですが、 栗の季節には栗甘納豆なども。


(左)みたらし、あんこ、えだまめの三色おだんご。特に枝豆が爽やかで豆の甘みも感じられて大好きです。
(右)大体9月〜12月頃の限定の栗むしようかん

思わず嬉しくなる、人気の「華車」というもなか。なんと中に3種類のあんこが入っています!食べる方向に寄って違うものが出て来て、見た目も可愛くとっても楽しい一品。ずっしりしていて食べごたえもバツグンです。

■お店情報
「五十鈴」新宿逸店逸品
地図(マピオン:いすず)



神楽坂 5丁目 5丁目 五丁目 神楽坂通り
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索