忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『TeMARI』和フレンチ [若宮町]

支配人もシェフも、神楽坂通りのラリアンスさんがご出身という、2009年12月15日にグランドオープンした、TéMARIさん。

フレンチがベースでありながらも、和のテイストを取り入れ、少しずつ沢山のものを食べられるようにというのも頭に入れながら、メニューを考えていらっしゃるそうです。


落ち着いた1階席。こちらは、ランチであればベビーカーの乗り入れもOKだそうですよ。


窓から明るい光がふんだんに差し込む2階席。


バーカウンターや、

その奥に、ちょっと半個室状態になっているお席などがあります。

メニューの下部には、「アレルギーをお持ちのお客様は、担当者までお申し付けください」と、日本語と英語で書いてあり、気配りが感じられます。

オープン記念のランチメニューを頂くことに。通常のメニューよりライトな構成になっているそう。

お野菜の前菜。

冷静球種のお野菜のバラエティープレート。少しずつ、沢山の目にもかわいらしいお野菜を頂くことができて嬉しいです。

小さなお野菜のポタージュ。

クリーミーな人参のポタージュとふわふわなメレンゲが、口の中で解け合う感触がまたたまりません。


メインは、お魚、お肉、お野菜、から選べます。
個人的に、野菜のメインが選べるというところに、心の中で拍手喝采してしまいました。せっかくおいしいお野菜を頂く時は、メインもお野菜をしっかり食べたいと思うことも多かったので、これは嬉しい。
根菜ときのこのソテーの間に、カボチャのニョッキが鎮座しています。沢山の種類のお野菜の素材を活かした味を楽しめ、かつ、ニョッキがことのほかおなかにたまるので、しっかりメインとしてのボリュームも出ていて大満足。

デザートの盛り合わせ。

食後のお飲物を頂きながら、ゆっくりとしたひとときを過ごせました。

シェフは、ヨーロッパでもフランスに限らず、スペインやルクセンブルグでも修行をしたこともあるそうで、枠にこだわりすぎずに色々やって行きたいそう。よく築地に顔を出し、野菜なども和食屋さんが仕入れているところからも仕入れ、京野菜などその土地に根付いた野菜などを使うようにしているそうですよ。

場所は、毘沙門天さんの脇を入って、トライブスさんの脇をさらに入った、以前カンティーナフィレンツェさんがあったところです。

■お店情報
「TeMARI」公式サイト
地図(マピオン:てまり)



神楽坂 若宮町
PR

『ラリアンス』フレンチ [二丁目]


神楽坂通り沿いの、以前はパラパラの殿堂と言われていたツインスターさんがあったところにある、フレンチのラリアンスさん。入り口から既に高〜い天井。


週末はウエディングにも使われるのもあって、中央の伸びやかな階段がまた素敵。


個室もあります。ミーティングなどができるような設備も。


階段を上ったところのバーエリア。ここだけを貸し切る、ということもできるんだそう。

パンと一緒に出てくるバターがまた格別。

ふわっふわかつクリーミー。通常バターを作る過程の途中でとめて、かっちり固まらないようにしているものなのだそう。毎日毎日お店で手作りされているのもありがたい、フレッシュなテイスト。

美味しすぎてついついた〜っぷりつけちゃいました。


赤ピーマンのまろやかなババロアとトマトジュレのコラボレーション
グレックレギュームを添えて


獲れたて魚貝のソテーとムール貝フリットのパナッシェな一皿
白ワインカプチーノソースで


山形産庄内三元豚肩ロースの網焼きとフルーツトマトの詰め物ローストのアンサンブル 黒胡椒の香りを運んで


オリジナルエレガンスブレンド
(ブルーマロウ、ローズ、ベルベーヌ)
ハーブティーの種類も豊富。こちらのブレンドは、ハーブそれぞれの温度の変化で、青色からピンク色に、時間とともに変わっていって面白い。


チョコレートケーキ。デザートワゴンの中から好きなものを選びます。

ちなみにラリアンスさん、実は子連れOKなお店です。

ねんねの赤ちゃんをお連れの方には、こんな風に椅子を組み合わせてその上にブランケットをかけて、即席ベッドを支配人自ら作って下さったりも。

スタッフの皆さんも、きちんとするところはきちんとしているけれど、にこやかで親切でした。気持ちよくゆっくりと時間を過ごせました〜。

世の中不況不況というけれど、この日はラリアンスさん、閉店間際まで個室も含めてず〜っと満席でした。すごいですね。

■情報
「ラリアンス」公式サイト
地図(マピオン:L'Alliance)


神楽坂 2丁目 2丁目 二丁目 神楽坂通り


『Restaurant M』フレンチフュージョン [市谷柳町]

牛込柳町の交差点近くに、2009年3月12日にオープンした、レストランM (Restaurant M)さん。

フレンチをベースに良いものはなんでも取り入れた、折衷の創作料理のお店。看板メニューはスペイン産イベリコ豚の炭火焼きだそう。

茶室のにじりぐちをイメージした、低い扉(高さ140cmほど)をくぐるようにしてお店に入ります。


窓が大きくて明るい店内。全部オープンキッチンで、カウンターに座るとすごい臨場感でしょうね。



Mスペシャル前菜盛り。

ウニのカクテルは、上にジュレがのっていて、下に茄子などがしかれています。おいしい。う~ん本当においしい。何を足しても引いてもこのちょうどいい絶妙な感じにはならないだろうという感じが、全体的に漂います。

自家製のピクルスも本当に、ちょうどいいつかり具合のちょうどいい塩梅で、野菜のうまみが引き立っています。

2種類のイベリコ豚は、マイルドなのと酸味があるもの。量もたっぷりで違いを楽しめます。

パンとオリーブオイル。

オリーブオイルは、シチリア産のオーガニックのものを使用していらっしゃいました。青みがきりっとしていてすっきり美味しいです。

シュガートマトの冷製スープ。

これまた、トマトの甘みと旨味が全面に押し出された、食べて、ふっと肩の力が抜けるような一品。

器も素敵すぎてうっとり。前菜もそうでしたが、東洋の器や雰囲気なども取り入れているところがまたすばらしいですね。


イベリコ豚の完熟トマト煮のパスタ。本当にイベリコ豚のジューシーなのにさっぱりしている美味しさがぎゅう~っとつまっています。イベリコ豚が口の中でほろほろとほどける感じが、また絶妙です。

石垣島のパイナップルのシャーベット。パイナップルのさわやかな甘みが濃厚に作られていて、もうたまりません。ミルクのアイスクリームもコクがあって丁寧に作られたまろやかさ。

こちらのオーナーシェフは、うかい亭やうかいリゾートで料理長を歴任された方ですが、と〜っても気さくで、敷居のようなものを全く感じさせない方でした。

コーヒーカップも大きいものでたっぷり入ってくる幸せ。器も、お料理の最後を楽しめるようなデザインですね。

入り口をにじり口風にしたのも、武士などが刀や武器をすべて置いて、和やかな空間でお食事をしていただくようなイメージをつくりたかったからなんだそうです。

うなるほどの美味しさはもちろん、一つ一つのお料理がとても丁寧に作られている感じがして、とってもおだやかで幸せな気持ちになるランチでした。


場所が少々分かりづらいかも?またそこが隠れ家的でよかったりするのですが。牛込柳町の交差点から、外苑東通り沿いを曙橋方面にちょっとだけいったところ。レストランが入っている建物の前は、2009年6月現在、砂利がしかれた駐車場風?になっています。ちよだ鮨とみずほ銀行のATMがあるところ辺りの外苑東通りをはさんだはす向かいです。

■お店情報
「Restaurant M」公式サイト
地図(マピオン:レストラン エム)


牛込柳町 外苑東通り 大久保通り
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索