忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「神楽坂のをと」が本になりました!

皆様こんにちは!
いつも「神楽坂のをと」に遊びに来て下さってありがとうございます!

さて、この度、ブログ「神楽坂のをと」が、出版社さんにお声をかけていただいて書籍化され、本として登場しました!神楽坂周辺の書店さんでは、先週から置いて下さっている所もあり、大変ありがたかったです。そして、全国的には2010年4月26日に発売となります!

ブログをそのまま本にしたというよりも、大幅に加筆修正もしてあり、本では「昼間の明るい時間に楽しめる場所」を中心にピックアップされています。お食事に関してはランチを中心に、その前後にいろいろなお店をみながら街歩きする参考にしていただけます!自分がいつも行く前に知りたいなと思う禁煙区分や、ママ目線の子連れ対応情報などもわかりやすくまとめました(とはいっても、「お子様連れOK」と書いてあるお店で、子供が騒ぐのもOKというわけではないので、最低限のマナーはよろしくお願いします)。写真満載なところはブログとかわりません^^。

また、ブログから本になった特性を生かし、お店の方に聞いたことを説明するというよりも、自分がお店に行ってこういう事があった、こういう風に感じたということを書くようにしてあります。「神楽坂に行く前からお散歩しているような気分になった!」との声も購入者の方から頂きました!

巻末の素敵なイラストマップは、とてもほっとするイラストに心を奪われ大ファンの、田村記久恵さんにお願いすることができました。とっても素敵に仕上げて下さって、神楽坂のお散歩が楽しくなること間違い無しです!ベビーカーなどでの道選びにも配慮し、道の階段なども表示してあります。

是非是非、お手に取ってみていただけるとうれしいです!

ネットでも手に入ります。
楽天ブックス
Amazon
セブンネットショッピング
紀伊國屋書店BookWeb
ビーケーワン
JBOOK
livedoorBOOKS
e-hon

神楽坂周辺の書店さんでは、
6丁目の通り沿いの「文悠」さん
神楽坂駅矢来町出口付近の「文鳥堂」さん
牛込橋を渡った富士見町の「文教堂」さん
飯田橋ラムラ内の「芳進堂」さん
神楽坂下付近外堀通り沿いの「ブックスサカイ」さん
などでお取り扱いがあるようです。

また、一早い情報と客観的な視点で頼りになるネット新聞、「市ヶ谷経済新聞」さんにも取材をしていただきました!記事はこちらです。編集長さんともタイミングよくご挨拶でき、美しい記者さんとも楽しくお話しできて、取材中もとても楽しく過ごさせていただきました。どうもありがとうございます!!Yahooニュースにも取り上げていただきました!重ね重ねありがとうございます!

こつこつボチボチと、マイペースで進めて来たこのブログが、このような形になることができたのも、いつも見て応援して下さった皆様お陰だと思っております。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。同時に、いつも暖かく迎えて下さったお店の方と、この街の包容力にも、頭が下がる思いです。

ブログをお持ちの方など、是非是非宣伝をしてくださるととってもうれしく思います!!

皆様、本当にどうもありがとうございます!そして今後とも、どうぞよろしくおねがいいたします!!

■情報
TeMARI
Fuchsia
KODAMA&Co.
PBees
ソプラアクア


PR
*COMMENT-コメント-
▽さすがです!
ブログが本に!
おめでとうございます。素敵ですね。
写真も大変美しく、楽しませて頂いてたブログですが さすがプロのお目に叶いましたね。
関連本は何冊出ても不思議でないほど
この街の魅力は大きいですね~。
▽おめでとうございます!
以前から拝見しています。
正直、最近はブログから足、遠のいていたのですが、今日、市ヶ谷経済新聞を見て――、再びこのメールに辿りつきました。

あぁ――、こういう方が書いていらっしゃったんだな――、と思い、
画像を含め、独自の感性が伝わってきたこと――、
上梓のお祝いと――、読者のヒトコトまで!
▽無題
今日、楽天ブックスから届きました!
ブログのファンだったので、とても嬉しいです。

一冊の本にまとめるにあたって、削らなくてはならない部分たくさんあったことと思います。
また、テーマ別に本になるといいですね!

純子さんのおかげで、神楽坂のファンになりました。毎月出かけてますよ~
▽早速購入させていただきました♪
掲載されているお写真が素敵なのと、神楽坂情報が楽しみで、度々お邪魔させていただいておりました。
書籍化されたと知って早速Amazonに注文し、今日手元に届きました。
ブログに劣らぬ情報量と、やはり素敵なお写真に大満足です♪
「ばぁ茶ん」というHNから、勝手に年上の方を想像していましたら、若くて美しい方なのにもちょっとびっくりしました(今更ながらすみません)
書籍は神楽坂散歩時の相棒にさせていただきます。ブログも引き続き楽しませて下さいね。ますますのご活躍、陰ながら応援しております。
▽おめでとうございます^^
ばあ茶さん、出版おめでとうございます!
ばあ茶さんの日々の努力の集大成ですもの、きっと売れますね^^。かげながらお祝い申し上げます~。
これからもブログ更新楽しみにしていますね。
▽楽しませていただいております。
すてきな本ですね!!
毎日お客様との会話にあがっています。
これからも楽しみにしていますね
▽*ユータさん
ありがとうございます!
いつもブログに遊びに来て下さり、応援して下さって、本当に感謝しています!

ホント、神楽坂の街の魅力がなければ、こういうものはうまれないですよね!これからもどうなっていくのか楽しみです!
▽*SHIMAUMA628さん
ありがとうございます!
思い切ってコメントをしてくださって感謝です!

市ヶ谷経済新聞さんは、本当に一早い取材力と楽しい読み口で、私もいつも拝見しています!書いていらっしゃる方々も本当に素敵な方達でしたよ〜〜!
▽ぷうすけさん
ご購入して下さったんですね!
本当にありがとうございます〜〜〜!!

著者として丸ごと本を作るのは初めてだったので、わからないことだらけで確かに本当に大変でした!でも、本の制作に関わってくれた皆々様に助けられ、乗り越えることができました。

神楽坂のファンになってくださったとのこと、うれしいです!
これからもどうぞよろしくおねがいしまーす!
▽*batakoさん
いつもブログに遊びに来て下さって、本当にありがとうございます!
しかも本をご購入くださったとのこと、重ね重ね感謝です!

本をおほめいただいて光栄です!本を書くにあたって、ブログからかなり修正をかけた部分もあり、まだブログに出していない情報も載っているかと思います。

ばぁ茶ん・・・でも、心は昔からシルバー世代ですので、ぴったりのHNなのです〜〜!!いつもヨボヨボして、お茶をずずーっとすすって背中を丸めていますよぉ〜!

こちらこそ、いつもありがとうございます!今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
▽*かさん
ご無沙汰しております!
お祝いありがとうございます〜〜〜!!

いつも神楽坂のをとを応援して下さって、感謝の気持ちでいっぱいです!
これからもよろしくどうぞ〜!
▽*結さん
ありがとうございます!

お客様との会話で神楽坂のをとがでてくるなんて、光栄な限りです!
いつも応援して下さって感謝の気持ちでいっぱいです!
これからもよろしくおねがいいたします!
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索