忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウェブ古地図で楽しむ神楽坂

神楽坂に関する雑誌・本などで、よく「神楽坂の昔はこうでした」という感じの古地図を見かけます。確かにそれを眺めると、ここはこうだったのか〜と思うのですが、現在の状態を思い出して、細かく「こことここが違う!」という風に比べるのはなかなか難しかったりもしました。

そこで便利なのが、ウェブ上から使える「古地図で東京めぐり」。

地図の見たいポイントは動かさずに、現在--明治--江戸の地図(そして現在の航空写真も)をスライドするようにみることができる優れものです。

基本的な操作方法は、こんな感じでしょうか
1:スクロール古地図というページへ
2:地図の下の検索窓で、住所や場所名などを検索
3:江戸・明治・現代のどこからまず入るか選択し、あとは上のタブから時代を変え、自由にそれらを行き来して楽しむ。必要に応じて「+」「−」などでズーム。

例えば一例として、こんな風に楽しめます。
「神楽坂上」と検索。

まず、見慣れている「現代」を選択し、そうそう、こうだよな、と確認。

その後、上の「明治」タブで明治へ。
ほほ〜、このころはまだ、神楽坂は3丁目までで、4丁目以上は個別の名前だったんだな、今よりさらにお寺ばっかりだ!などと発見できる。

さらに、上のタブで「江戸」へ。
ほほ〜、この時代までさかのぼると、坂上から筑土八幡方面への大久保通りはなく、パレアナさんの通りを通って行くかっこうだったのだな、そして花街の象徴的な裏路地はまだ顕著にはみられないようだ、などと思いを馳せる。


一応上記は一例ですが、タイムスリップしながら色んな楽しみ方を是非どうぞ!サイトの方にも、「古地図トリビア」「古地図を楽しむポイント」「東京歴史めぐり散歩」なども用意されていますので、参考にしてみるとよいかもしれませんね〜。

(ちなみに上のサンプルとして紹介した神楽坂が3丁目までだったという話は、先日紹介した「神楽坂ホン書き旅館」にもでてきます。開業するころ上宮比町が神楽坂4丁目として神楽坂にくみこまれるという通知が来て「神楽坂のイメージがつくのでお客さんも増えるかも?」とおかみさんがおもったとか。)

同じサイトを使っても、ひとりひとり見方がちがうとおもいますので、地図からなにか面白い発見などありましたら、是非教えてくださいね。
PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索