忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『こうひい絵物語 展』ギャラリー蒼

文京区水道の、ギャラリー蒼さんで、奥村義人さんの木版画で綴るコーヒーの歴史を展示した、「こうひい絵物語 展」(まちとび2007プログラムNo.66)が開催中。


ひとつひとつ丁寧に掘られた木版画はとても味わい深く、それだけでもとってもすてきなのですが、添えられた歴史的背景の解説を読むと、またびっくり。コーヒーの歴史ってこんなにも長く、こんなにも国や宗教に関わりながら、想像以上のいろんな事があったんだなと。


コーヒーは紅海付近で発見されてから、限られた権力者の秘薬とされていた時代、いろいろありながらもアラビア圏でまず広まり、ヨーロッパのキリスト教国に渡ったようなのですが(このへんもじっくり木版画とともに見ると興味深い事がいっぱい)、その時は「イスラム教徒の飲み物」として汚れあるものとされてしまったらしい。でも、ローマ法王が飲んでみたらとてもおいしく、そのイメージを払拭するためにも、コーヒーに洗礼を施したんだそう。コーヒーに洗礼って・・・^^;木版画のローマ法王がまたお茶目でいい味出してる!


ギャラリーの奥に、ギャラリー蒼を運営する高橋工房さんでつくった、木製品も販売中。ペーパーナイフやバターナイフのなめらかなカーブが、思わずタッチしたくなる逸品。


高橋工房さんは、場所が割と分かりにくいかもしれないけれど、とっても雰囲気のある素敵な古民家でやっていらっしゃいます。

水道郵便局の通りのおそば屋さん「花いち」を目指してきて、その正面にある小道を入っていくとたどり着けるはず!


「木版画で綴る こうひい絵物語展」
10/21(日)〜11/3(土)
11:00〜18:00
ギャラリー蒼(アクセス)にて

■他ブログ記事
ロンドの日記

PR
*COMMENT-コメント-
▽素敵な空間とエリアですよね。
高橋工房(ギャラリー蒼)さん、いいですよね。勝手に応援しています。

場所がわかりずらいところも1つの魅力になると思うし、空間は素敵ですし、展示されるものも学術的雰囲気も残しながら洗練されていて好きです。神楽坂までいらしたら是非に遊びに行かれてほしいと思っております。

次回は版木もある展示とのことです。
▽*栗さん
なんかほっこりする空間ですよね。
木造の古民家をいい感じで大事に使っているところって、大好きです〜!
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索