忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『五十番二号店』飲茶カフェ [五丁目]

2007年秋にオープンした、肉まんで有名な五十番本店さんの姉妹店、五十番二号店さん。五十番本店さんが、肉まんの店頭販売+中華レストランという形態に対し、こちらは、肉まんの店頭販売+肉まんや飲茶を頂けるカフェというかんじです。

こちらは開店当初、店の前の看板も含め「レシピ五十番」というお名前でした。それが2008年7月ぐらいから、「五十番」という看板に変わったので、あれ?と思っていたのですが、「五十番二号店」というお名前に代えたそう(まだお店のホームページではレシピ五十番という表記になっているようです)。「レシピ五十番」というと、「全く違うお店なんだ」と認識する方が結構いたり、五十番の常連さんは年配の方が多いので、店名にカタカナがつくのにどうもなじめない、というお声も聞いたからだそう。

1Fはカウンターや2人がけの小さいテーブル席。ショーケースもあり、坂の中腹の五十番さんと同じで、普通にお持ち帰りもできます。2Fはテーブル席で、ちょっとおちついてお茶を楽しむのに良さそうなスペース。


竹炭ミニあんまんとミニにくまんのセット。烏龍茶、愛玉ゼリーレモン水、山査子などのおつまみ、がついてきます。

おまんじゅう類は持ち帰りでもあるので、点心メニューを頼んでみるのもいいかも。竹炭の杏仁豆腐なんかもあるようです。

五十番さんから、フリーペーパー「Ban Ban Times」も創刊されました。「神楽坂の今と昔をお伝えする」というコンセプトのよう。創刊号(vol.1)は、五十番さんのおかみさんのお話、中国茶のお話、神楽坂の他のお店紹介などなどが載っていました。

五十番さんは、2007年に五十周年を迎えられました。2008年7月28日に、お茶の水に「Don五十番」という姉妹店も開店したそうですよ。

■お店情報
「五十番二号店」公式サイト
→地図(マピオン:五十番二号店


神楽坂 5丁目 5丁目 五丁目 神楽坂通り 神楽坂上
PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索