忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『來経』和食 [若宮町]

2009年6月にオープンした、來経(きふ)さん。場所は、加賀さんから若宮神社さんへ行く道で、三幸さんの前辺り。小栗横町に行く手前です。シックな黒塗りの壁がつややかですね。

来経とは、時が流れる、という意味だそうで、古事記にも出てくる言葉のようですが、お客様との始めの言葉が「これ、なんて読むの?」から始まることも多いんだそう。そうやってお客様とのコミュニケーションができるのがまたいいんだそうです。

ランチに伺いましたが、笑顔がとっても素敵でフレンドリーな仲居さんが、きもちよく出迎えてくれました。

このような個室が2つと、


カウンター席は、板前さんのお仕事を拝見しながら、おしゃべりをしたりして楽しむことができる空間。

先付は、カブと菜花とあんきものねぎ味噌掛け。

とろんとしたあんきもに、柚子の添えられたねぎ味噌が香り高く口の中で広がります。

板前さんが、つっこみどころ満載(?)の方で、おしゃべりが本当に楽しかったです!仲居さんも途中からお話に参加して下さって、御膳が準備される間のひとときがとても心地よく、待っているという感じがしなかったです。お話ししながらも、職人の手がさくさく動く板さん、さすがプロですね〜!


着々と御膳の準備が整えられて行くのを見るのも楽しい。
ご飯はひとつひとつ、釜炊きしていただける新潟産のコシヒカリ。


限定十食の來経御膳。
たらの兜煮。つややかに煮上がったたらの身はしっとりと、目の周りなどはコラーゲンがいっぱいでぷるぷるです。其の他、ハタのお造り、わかさぎ、しいたけ、ししとうなどの天ぷら、おつけもの、お椀は赤味噌と京都の石野味噌をつかったけんちん汁。


もうどれも美味しくて、ひとつひとつ感動しながら、量もたっぷりで、おなかも満足。そしてなんといっても、板前さんや仲居さんとのひとときが、さらにお料理を引き立てていました。みなさん本当に仲が良く、一人一人が生き生きとお仕事されている感じで、こういうのって見ていると本当に気持ちがよいですよね。

デザートのフルーツも、こういうシンプルなものがしっかり美味しいのって本当に幸せでした。

■お店情報
「來経」公式サイト
地図(マピオン:きふ)



神楽坂 若宮町
PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索