忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『鮎藤革包堂』革製品オーダーメイド [筑土八幡町]

革製品のオーダーメイドの鮎藤革包堂(あゆふじかくほうどう)さん。選び抜いた良い革だけを使った丁寧なお仕事、そしてオーナーの穏やかなお人柄が多くの人を引きつけます。


お店にはいたるところに革が使われています!入り口のドアや窓のふちどり部分だけでもびっくりしたのに、なんとこの床も!一瞬革だとは思わないですよね!?

こんなさりげなさもワクワクする空間です。



おもむきのあるプロの仕事道具も、アトリエと一緒になっているおかげで見られちゃいます。



完全オーダーメイドなので、いろいろな素材の革をそのまま広げてみせていただく事が出来ます。なかなかこういうのを見る機会ってないですよね!


1匹の動物の皮でも、部分部分によって、柄も質感もかなり違うのが、本当にびっくりしました!

動物や革の柄などによって、おなかから開くとか背中から開くとかの違いも!

ワシントン条約での規定がある動物の皮などには、それをちゃんと守っている証明のタグなどがついていたりもしました。

型の前に革がある、という考えで、模様だけではなく、重さやどちらに伸びやすいかなども含め、相談に乗っていただけます。例えば、年配の方だとしっかりした革だと重すぎて使いにくかったりするので、そういう状況にあわせて、同じ動物でも部位を変えるなど、臨機応変なご提案も。


しっぽの部分をデザイン的につかった手帳や、裏表の質感も色も違うバックなど、個性豊かなものも。量産しないからこそ細かいところまで楽しめる、鮎藤さんのオーダーメイドの素敵なところ!



大きな鞄はもちろん、小さな小物だっていろんなアイディアでオーダーできます。左写真の一番左は折りたたみ式くつべら。右写真はなんとガムケース!


エプロンも革で出来ていてかっこいいです!

革の世界では通常、「は虫類系」か「牛革系」かで、扱う職人さんがちがうんだそう。鮎藤さんは、どちらも長年修行をされて、両方に対応できるという心強さ。

喫茶パレアナさんにも作品が置かれているそうですよ。


■お店情報
「鮎藤革包堂」公式サイト
鮎藤革包堂blog
地図(マピオン:鮎藤革包堂)

■神楽坂のをと内関連記事
『鮎藤革の動物園 展』鮎藤革包堂@パレアナ

神楽坂 筑土八幡町 大久保通り
PR
*COMMENT-コメント-
▽ついに鮎藤さん登場!
アシスタントの方の作品は「ギャラリー坂」さんで手に入れられますよ。私はストラップ3つ持ってます・・・・。
▽*栗さん
そうなんですか。
坂さんのあの革のストラップは!
たぶん、うちの親も持っています。
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索