忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『RETOUR(ルトゥール)』カフェ [二丁目]


店の前に「美味しい○○屋です」と書いてあるお店は本当に美味しいのか?というのは永遠のテーマのような気もするが、このカフェはその中でも文字通りなのかも。珈琲だけではなく、雰囲気もとても落ち着く。


神楽坂や神保町にある古き良き個性のあるカフェという感じだろうか。とくにパンチのあるメニューが有るとかではないのだけど、細かいところにも店主のこだわりが感じられるクラシックな感じの空気感。


ダッチコーヒーを注文。アイスコーヒーをこんな風にだしてくれるのはとても嬉しい気分。とても濃厚なダッチコーヒーをちびちび飲むのが楽しい。しかも、グラス、ソーサー、スプーンも繊細でちょっとの衝撃で壊れてしまいそうな感じのもの。喫茶店だから壊れにくいものを、というのではないところが、優雅な手触りから感じられる。

トイレの便座もプラスチックじゃなくて陶器っぽいしっとり感があったり、洗面所もアズレージョのような感じのタップで可愛らしい。トイレってお店のセンスを実は一番感じられるところのような気もしたりするので、こういうちょっとした「お!」ということがあると、とても和む。

■お店情報
「ルトゥール」東京グルメ 
地図(マピオン:ルトゥール)


神楽坂 2丁目 2丁目 二丁目
PR
*COMMENT-コメント-
▽無題

▽無題
一見コーヒーゼリーかと思ったけど、コーヒーなんだね!

普通のグラスにストローさしてサーブされるアイスコーヒーだとなんか短時間で飲み干してしまいそうだけど、こういったグラスで出されるとワインみたいに匂いを愉しんで、嗅覚と味覚でゆっくり味わいながらという感じで飲みたいね。

posted by Mic'o ::2006-10-12-Thu 18:10:23 ::EDIT


▽*Mic'o
ほんとだ!たしかにワインみたいな感覚だね。
これは時間をかけて水出ししたとても濃いコーヒーなので、さすがに一気に飲むとむせそうなので、こういう楽しみ方がいいなぁと思ったよ。ここのお店にはダッチコーヒーって書いてあったけど、ヨーロッパでも濃いコーヒーをダッチコーヒーって呼ぶのかな?
posted by ばぁちゃん URL ::2006-10-13-Fri 14:13:51 ::EDIT


▽無題
水出しコーヒーを「ダッチコーヒー」と呼ぶのは聞いた事があるけど、濃いコーヒーでも旧ユーゴなどでよく飲まれてる沸かして作るコーヒーは「トルココーヒー」だよね。

トルココーヒーも違った意味で一気に飲んだらむせるかも。下の方に沈殿した粉がたまってるからね(^^;)あれ、たまに知らないで飲んじゃう人いるみたいよ。
posted by Mic'o ::2006-10-13-Fri 19:29:31 ::EDIT


▽*Mic'o
あらっ、そうなのかぁ!
「濃いから」ダッチコーヒーなんじゃなくて、「水出しだから」ダッチコーヒーだったのね。お店の人に「ダッチコーヒーってなんですか?」と聞いたら「水出ししたとても濃いコーヒーです」と言われたんだけど、はじめの方がポイントだったのね。

うちもエスプレッソマシンが来るまでは、うちで「カフェ(ヘブライ語)」と言ったらデフォルトはトルココーヒーだったな。カルダモンとかスパイスが入っているのは特に癖になるんだよな〜!今はエスプレッソばっかり飲んでいるけど・・・^^;。

posted by ばぁちゃん URL ::2006-10-13-Fri 19:38:57 ::EDIT


▽wikiで
私も実際に飲んだことないし、どこかで聞いたな~位の知識だったので改めてwikipediaにて検索してみたところ

「戦前のオランダ領では苦味やえぐ味の強いロブスタ種のコーヒーが栽培されていたため、水による抽出法が考案されたと言わている」

という事なんだね。
アイスコーヒーは日本独特のものだったというのは最近知ったけど、水出しコーヒーってもしかしたらアイスコーヒーの原型なのかな?と思ったり。

トルココーヒーはよく飲むけど、スパイス入りっていうのは試した事がないや。一口にトルココーヒーといっても、飲み方でいえばサラエボとこちらではサーブされる器もちがうし(サラエボだとフィルジャンといったおちょこ風のコップで出てくる)、面白いよね。

posted by Mic'o ::2006-10-13-Fri 20:59:30 ::EDIT


▽*Mic'o
なるほど〜!勉強になるなぁ。

ダッチコーヒーってどんな具合で水出ししてるんだろ?と思ったらこんなかんじみたいです。ほんと、理科の実験室みたいだ〜!ほとんど一晩ぐらいかかっちゃうんだねぇ。

http://ban-ban.com/feature/horsen/
http://maruhei.ameblo.jp/day-20050130.html
http://www2.tba.t-com.ne.jp/matubokkuri/page005.html

でもホットのダッチコーヒーもあるみたいだよねぇ。わざわざ水出ししてから沸かすのかねぇ。

そういえば、UAEの砂漠でもトルコのチャイのグラスみたいなやつにコーヒーを入れてくれたような気が。それがフィルジャンかな?トルココーヒーも奥が深そうで面白いよね〜!特にMic'oの住んでいるあたりは文化と歴史の交差点というかんじでいろんな形式がありそうだなぁ!
posted by ばぁちゃん URL ::2006-10-13-Fri 21:29:48 ::EDIT
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索