忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『アルパージュ』チーズ専門店 [六丁目]

味噌漬けのモッツァレラがあると聞いて、神楽坂のチーズ専門店「アルパージュ(Fromagerie Alpage)」へ足を運んでみた。


これが噂の「味噌漬けモッツアレラ」。見た目はおもちみたい?


一口食べた食感は「うーん、これは、ズバリ、味噌とモッツアレラでしょう!」という感じ(あたりまえ)。その2つのコンビネーションで新たな味が生まれるというよりも2種類のものを食べている感じ?と思ったのだが、2口目から、なんかこの味噌のコク(粕漬けみたいな風味もある)があっさりしたチーズの風味とふんわり柔らかい口触りにたまらなく合う!もうちょっと、もうちょっとなどと思いながらつまんでいたら、あっという間に半分食べてしまった!しかもそのままそれだけで・・・。「日本酒などにぴったり」と説明に書いてあったけど、うちはお酒は通常飲まないし、日本酒はさらに絶対飲まない。なので、日本酒に合うかどうかは分からないんだけど、「日本に住み、日本をこよなく愛してやまない、わびさびの分かる外国人みたいなチーズ」という感じがした。いやー、これは癖になりそう。

■お店情報
「アルパージュ」公式ページ
地図(マピオン:アルパージュ)



神楽坂 6丁目 6丁目 六丁目

PR
*COMMENT-コメント-
▽無題
▽無題
一瞬「おおっ、ー味噌とチーズ?!」とは思ったけど、良く考えたら味噌ラーメンにバターを入れて食す事もあるのだから、そんなに意外な組み合わせでもないのかも、と思った。でも、同じ味噌でも味噌汁にバターを入れて飲もうと思わないのはどうしてだろう・・ともふと考えてみたり。

ここのブログとは関係がない話題で恐縮だけど、ヴィトさんが求めているサッカーカフェってどこにでもあるような店構えなんだけど、店内にテレビがあってそこでオヤジや少年達が一喜一憂してるって雰囲気のところなのかな、とブログにレスをつけた後気がつきました。カフェじゃなくて、サポーターが集まってくる飲み屋さんはありそうだけどどうかな?

posted by Mic'o ::2006-05-14-Sun 21:51:11 ::EDIT


▽*Mic'o
よく「味噌バターラーメン」とかメニュー上では見るんだけど、私は味噌ラーメンにバターをいれたことはよく考えたらないような気がする・・・。どんな味なのか・・・。でもラーメンにチーズは乗せてみたことあるよ。あんな感じかな。なんだか全く違った料理になったようなコクがでて、あれはまたあれで美味しかった記憶があるなぁ。

「カフェ」って日本語での「カフェ」とその他の言語や地域での「カフェ」ってちょっとずれがあるよね。私はヴィトが「カフェ」と
表現したのでそのまま使ってしまったんだけど、そうそう、Mic'oの思った通り、日本で言う「カフェ」ではないと思う。この記事の5番目の写真みたいな感じかな?
http://baa.blog.shinobi.jp/Entry/17/
これは日本では絶対「カフェ」じゃないよなぁ・・・なんて改めて思ったりして。(ちょっとこれはうつっているひとが少ないけど、おやじ・青年・少年でが一同につどっていたよ)

でも2002年のワールドカップ開催時って、普通の飲み屋でもTVを設置して普通に観戦できたような記憶があるよ。あのときそうだったら、今年も同じかそれ以上に町中の飲食店がちょっと変わるかも?そうしたらきっと彼のいっている雰囲気にちかいのかもしれないなぁ。
posted by ばぁちゃん URL ::2006-05-15-Mon 08:17:54 ::EDIT


▽マッチング
私もバター味噌は注文した事ないんだけど、ばぁちゃんと同様、家で味噌ラーメンを食べる時にチーズを入れる事があるよ。どちらかというと溶けかかったチーズが好きなので入れるんだけど、チーズの溶け具合といい、スープのコクといい、何かいい感じよね。

カフェって日本でいうとなんだかオシャレな雰囲気というイメージがあるかな。でも喫茶店でも重厚な腑に機を醸し出しているところもあるし、店内に有線放送が流れていたり、ケチャップタップリのスパゲティーナポリタンが出てきてしまうような喫茶店は何とよんだらいいのかなー。
実はこちらでもカフェにいくつか呼び方があって、店の雰囲気によって呼びわけてる感じがするよ。

大リーグは違うのかもしれないけど、日本のプロ野球は小さい食堂や居酒屋のTVなどで見ながら食べたり飲んだりする人多いんじゃないかなー。イメージとしては閑散としている中華料理屋さんで、店のオヤジが黙々とラーメンを作る傍らで、サラリーマン風の男が新聞片手に巨人-ヤクルト戦の試合経過をボーっと眺めてる、といった感じ。
皆でわいわい試合観戦するのもいいけど、私こういうのも好きだな。元々「おひとりさま」気質だしね。
posted by Mic'o ::2006-05-15-Mon 17:23:06 ::EDIT


▽*Mic'o
たしかに「ケチャップたっぷりのスパゲティーナポリタン」が出てくるような雰囲気のところがうえのポルトガルの写真の「カフェ」に近いかもね。それは日本では「喫茶店」かなぁ。日本でも「カフェ」って今は普通に使うようになったけど、それって2000年ぐらいからのことで、結構新しい現象なんだよね。なんでそんな記憶があるのかというと、2000年に、日本語を勉強している外国人から「スターバックスのようなところは日本語でなんと言うんですか?」と言われて、そのとき日本人10人ぐらいで話し合った結果は「カフェ」というのはまだ日本の言葉としてしっくり来ない、という結論になったんだよね。たった6年経った今ではすぐ「それはカフェと言います」って言えるようなっていることにもちょっと今びっくりしたりして。1999年頃からスタバとかああいうちょっとスタイリッシュかつ落ち着く系列のカフェが日本にもでてきたけど、その前はドトールとかヴェローチェとかそういう系統しかなかったもんね。そっちの言葉は「カフェ」を表現する単語が色々あるんだねー。うん、ありそうかも。根付いているもんね。

確かに、野球中継は特に昔は今よりどこの食堂や居酒屋でも見れたかも!そういえばそうだ!とMic'oの目のつけどころに納得。これからはそういうところがどんどんサッカーに取って代わって行くのかなぁ。そういえば近くのすごい居酒屋はどうも野球ファンらしく、野球中継の時間に入ると従業員の人たちがみんなTVに釘付けて、注文の為に呼んでも来ないか、頼んでもなかなか出てこないか、または忘れられることもしばし。なんかそのゆるさが和むんだけどね。ははは。

私も「おひとりさま気質」だよー。一人の時間は必要必要。
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索