忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ラ・トゥーエル』フレンチ [六丁目]

お料理も一流だけど、なによりもサービスが本当に心がこもっていてうっとりするような、ラ・トゥーエルに行ってきました。店内はコテージ風のつくりで、決してごちゃごちゃゴージャス感を出している感じは全くない。シンプルに、でもものすごく気持ちのよい時間を、木のぬくもりの中、支配人やギャルソンのサービスで感じられる空間。



まわりさっくり、なかもちもちのパン。バターの香りがふんわりしっとり。


1つ目の前菜
オマール海老のコンソメジュレ
ウニ、キャヴィア、オマール海老添え。
ウニのこくがマイルドに口の中にほんわり広がるりながらも、キャビアやオマール海老がしゃっきり引き立ててくれる、たまらないコンビネーション。


本当は、相方の始めの前菜もオマール海老のコンソメジュレだったんですが、出てきたあとに「あ!」ということに・・・。メニューにはミルクの文字がなかったので油断していたんですけど、相方はミルクアレルギーなのでした。でも私たちがお店の方に伝えていなかったのが悪かったので、いいですいいです、と言ったのだけど、お店の人は快く急遽お取り返してくれた。そしてこのズワイガニのサラダ風を持ってきてくれたのでした。そのサービスの身のこなしがまた、うなってしまうほど自然で優雅だった。


2つ目の前菜
フレッシュフォアグラのソテー
イチゴのコンポートソース
イチゴのあまずっぱい香りがバルサミコソースによく合う。


またこれは・・・フォアグラがダメなので、このホタテとサーモンのマリネ?みたいなものをわざわざ作ってもらいました。あ、でもこれは、「フォアグラ」とメニューにあったので、ちゃんとオーダー時に伝えましたので、事前に作ってもらいました。


前菜の後の魚料理
さごしのポワレ
わたり蟹のソース。
濃厚な前菜の後は、素材の味をそのまま楽しめるようなさっぱりお魚が心地よい。


ここでお口直しが入るところが、ラ・トゥーエルさんの素敵なところの一つ。この日はシャンパーニュのグラニテか、カプチノーのコンソメスープだった。私たちより前に来ていた人たちが食べているグラニテをみたらちょっとピンクがかっていたので、そういうときは合成着色料アレルギーがある私は注文するときに確かめる。少々はいっているとのことなのでカプチーノコンソメスープにした。私にとってはアレルギーは死活問題?なんだけど、時々レストランで聞いてもギャルソンさんがすぐにははっきり分からないような対応をされる時があるけれど、もちろんここではそんなことはありません^^。逆にむしろ、このカプチーノコンソメには、上のホイップ状になっているところに少しクリームが使われているのだけど、それが先ほどお連れ様がミルクアレルギーがあると伺いましたが問題ないでしょうか、と支配人が先回りで気を使ってくれました。



和牛リブロースの網焼き
ポワヴラードソース。


骨付き仔羊のロースト
にんにくとタイムの香り。


シェフのイマジネーションデザート。
こちらから何も言わないし、お店の人も何も聞かなかったが、自動的に相方の物には、下の方のミルク部分が取り除かれ、私のには入っていなかったフルーツが添えられていた。ものすごく気持ちのいいサービス。恐れ入ります。

味だけではなく、常にお客さんの立場になって臨機応変なサービスを自然に心地よくしてくれるお店の方々。そんな雰囲気を味わう為だけにでも毎週来たくなってしまうような、そんなほっとする一流のおみせ。またしっぽりと訪れたいと思います。

■お店情報
「La Tourelle(ラ・トゥーエル)」公式サイト
地図(La Tourelle)
禁煙度:***** 全席禁煙(常時)

■神楽坂のをと内関連記事
トゥーエルさんのシェフが独立

■他ブログ記事
じぶん日記



神楽坂 6丁目 6丁目 六丁目 白銀町 禁煙
PR
*COMMENT-コメント-
▽無題

▽ゴージャスね
まあ、2人で優雅なランチコースだね。何かのお祝いとか。
でも、いろんな面白いハプニングがまたかわいい。
お店も素敵なかんじだね。
気の利いた配慮は日本だからこそ期待できるのかな、本場だとどうかな。
posted by おっち ::2006-06-04-Sun 20:31:00 ::EDIT


▽*おっち
神楽坂は「フランス風サービスのフランス料理」のお店もいっぱいあるよ。そういうところにはフランス人のお客さんがあつまりやすいかも?
posted by ばぁちゃん ::2006-06-05-Mon 18:56:11 ::EDIT
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索