忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『地蔵屋』手焼き煎餅 [袋町]

地蔵通りを上りきり、道なりに右に曲がったところにある、黄色いおうち。そこに2010年8月18日に、おばあちゃまが一枚一枚丁寧に焼いているおせんべい屋さんができました!急な坂をのぼって視界に入って来た、お一人でちょこんと腰掛けられているお姿が、なんともいえずグッときました。

お米も国産こしひかり100%で、たれにも化学調味料なども一切使わず、炭も紀州の備長炭。蒸篭蒸しや天日干しをした生地を、おばあちゃまが暑い中ふうふういいながら、丁寧に焼いています。1人でがんばって焼いて、一日に100枚ほどしか焼けないんだそうですよ!



暑い中さっと麦茶をだしてくださり、どうぞどうぞとおせんべいの試食もさせていただきました。

材料や行程にとことんこだわっているだけあり、本当に上質な味わい!私は化学調味料が苦手で、おせんべいには入っているものが多いので原材料表示を見て躊躇することが多かったのですが、これは本当に美味しいだけではなく安心していただけます!

味付けもまろやかで、近隣の外国人の方も「おせんべいはしょっぱいものが多いけれど、これは本当に美味しい!」と、虜になってしまった方もいるそうですよ。

おせんべいをつくる行程を聞いてみたら、これは本当に大変!石臼でついた生地を天日干しにした状態からさらに、炭に火をおこすのに60分、中まで火が通るのに120分、その炭で煎餅の生地をあたためるのに60分、そこからようやく生地を焼いていくんだそうです。灼熱の中一枚一枚焼き上げ、煎餅をさまし、特製の醤油をつけ、また炭の上で煎餅を乾燥させ、再度冷ます・・・これをおばあちゃまが一人でやっていらっしゃるのかと思うと・・・。量産に走らない、いいものをつくりたいというこだわりに本当に頭が下がります。

箱詰めや袋詰めにもしてくださいます。愛情のこもった素敵な新しい神楽坂土産。おばあちゃんと神楽坂のぬくもりが感じられる、こういうの、本当にいいですよね。これからも楽しみです!

ちなみにこのおうち、とても一目をひくレモン色で、私もだいぶ前に初めて通りかかった時から記憶にのこっていました。やはり「黄色い家」としてみなさん認知されているようで、一度、住所に「神楽坂の黄色い家」とだけ書かれた手紙がちゃん届いたんだそうですよ。

穏やかなおばあちゃまと共に、幸せの黄色が目印です。

■お店情報
「神楽坂 地蔵屋」公式サイト
地図(マピオン:じぞうや)
2010年9月現在、不定休。営業時間は日によって違い、大体10:30頃から夕方まで



神楽坂 袋町 地蔵坂 藁だな横丁 わらだな横丁
PR

『アプサラ』クメール料理 [鶴巻町]【移転】

(【2010年9月追記】
神楽坂へ移転しました。移転後の記事はこちら。)

神楽坂から見るとかなり早稲田方面ですが、2009年10月にできたという、クメール料理、アプサラさん。

クメール料理って日本では聞き慣れないような気もしますが、カンボジアのお料理。わざわざクメール料理としているところにこだわりを感じますね。カンボジアの国旗も悠々とはためいていました。

ランチメニューがいっぱい張ってある入り口。


明るい光が差し込む店内。入るとすぐに、たまたまホールに出ていたカンボジア人シェフがにっこりと迎えてくれました。


野菜カレーを注文。ココナッツたっぷりのさらっとしたカレーで、タイ料理と似てるかなと思いましたが、全然辛くなくて、やさし〜い味!笑顔の素敵なホールのタイ人のお姉さんに聞いたら、タイ料理は酸っぱい&辛い&甘いだけど、カンボジア料理はものすごくマイルドで、日本人の口に合いますね、とのこと。確かにそれは言えてるかも!低刺激で日本人が食べてもなんかほっとする、体に優しい感じの味かも。かといって洗練されていないということではなく、深い味わいがある、不思議な感覚。

しかもこのランチ、たっぷりカレー、ごはん、スープ、サラダ、お漬け物、タピオカとバナナのデザート、飲み物までついて、580円でした!(2010年8月現在)

デザートもココナッツの器に入って来て、涼しげでかわいらしい。

お店を出る時も、皆さんで手を合掌してビックスマイルで送って下さいました。美味しいお料理だけではなく、皆さんの作る雰囲気が本当にほっとする素敵な空間でした。


2010年9月追記】
神楽坂へ移転しました。移転後の記事はこちら

■神楽坂のをと内関連記事
『アプサラ』クメール料理 [袋町](移転後の記事)



■お店情報
「アプサラ」公式サイト
地図(マピオン:あぷさら)(移転しました)



早稲田 鶴巻町

『ヤフートピックスを狙え』菅野夕霧

ヤフートピックスを狙え』新潮新書 菅野夕霧

神楽坂を含む、広域市ヶ谷の一早い情報で頼りになるウェブ新聞、市ヶ谷経済新聞さん。その編集長を務め、コピーライターでもある菅野夕霧さんが出した本。ずっと読みたいと思っていたのですが、バタバタしておりまして、やっと読めました!!

まず、さすがコピーライターさんで、本当に読みやすく、内容が頭に入りやすい文字運び。どうやって自社の製品などを宣伝費をかけずに話題を作り出し、販売につなげるかなどのノウハウが、例なども多く取り入れて丁寧に解説してあります。毎日毎日ヤフーニュースに載るニュースの中でも、厳選された話題のニュース、ヤフートピックスに選ばれるだけの話題性をつくること。これが鍵なんですね!

そしてヤフーニュースになる記事をお書きになる立場から、トピックスに表示される13文字の重要性などが書かれていて、いろんな方向から楽しめます。

ラリアンスさんの「森伊蔵の焼酎ショコラ」、神楽坂飯店さんの「ジャンボ餃子」、不二家神楽坂店の「ペコちゃん本」、東京理科大学の「ロボット受付嬢」などの例も取り上げられていて、神楽坂の人にはよりなじみが深くてきっと身近に感じちゃいそうです!

この本、本当にいろんな書店さんで目の着く位置に平積みされているのを見かけます。人気抜群なんでしょうね!

お店をやっているやっていないにかかわらず、「見せ方」についてとても勉強になる本ではないかと思います。そして、読むとなんだかやる気が出るような気がしました。これも素敵な菅野さんマジックなんだろうなぁ〜!
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索