忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『積み木の森』木のおもちゃ [鶴巻町]

木のぬくもりあふれるおもちゃが沢山揃っている、積み木の森さん。

ただ木でできているというだけではなく、丁寧に作られたものが並んでいて、手に取ってみてから買うこともできます。ここまで木のおもちゃが沢山有るのも、神楽坂エリアでは大変貴重ですね。


お店の奥には、木のおもちゃで存分に遊ぶことができるプレイルーム(有料)も。お店自体にはもちろん無料で入れます。

オーナーは子育てを通して、思うような子供の遊び場所がなかったので、上のようなプレイルームを自ら作り、そして子供のためにあつめた木のおもちゃをそこでシェアすることを考えだしたりと、とてもバイタリティーあふれるお方。

販売しているひとつひとつのおもちゃにもとても詳しく、丁寧に説明したり、使い方をやってみせたりして下さいました。見ているだけだと、「こんな使い方もできたのか!」って気づかないものなどあって面白いです。

木のおもちゃの世界はけっこう奥が深いようで、子供だけのものではないよう。

私もしらなかったのですが、こういう世界のなかで、「ネフ社」というスイスのメーカーのものは格別で、ものすごく考えられた、大人でもうなってしまうようなものが多いよう。

こちらも、ただ四角や三角のつみきではなく、おなじ形なのに、縦にでも横にでも斜めにでも、かなりいろんな方向に重ねることができてしまうという、考えられた知恵のある感じの積み木。


ネフ社の他のものも沢山扱っていらっしゃいます。ネフ社の積み木が芸術的というか、存在からして美しく、はまってしまう大人が多いというのもうなずけます。ネフ社のサイトで、ムービー付きでいろいろ見ることもできるようです(動画のページはこちら。右の名前から選ぶとムービーになります)。


大人が遊んでも楽しい、キュボロ(Cuboro)なども。木のくぼみを立体的につなげて行って、玉がうまく転がるようにするもの。一見簡単そうだけど、かなり頭を使うようです。

木の木馬って、子供の頃あこがれませんでした??

その他も、木遊舎さんの国産檜のおもちゃや、和久洋三さんの童具などの、日本製の木のおもちゃも沢山。木のリサイクルから産まれるPLANTOYSのものなどなど、他にも様々あって、見ているだけでも楽しくなります。木のキッチンなどの大きなものから、木のおしゃぶりなどの小さなものまでいろいろあるんですね〜!


日本ではあまり常用されていないパペットも種類がいっぱい。ぬいぐるみの中に手を入れて、うごかせます。欧米では寝かしつけのときにつかったりするんだだそうですよ。


表には、オーナーの旦那様が自作されたという木の滑り台も!こんなのつくっちゃうなんてすごいですね〜!

場所が早稲田方面で少しわかりにくいのですが、弁天町の交差点から行くとすると、外苑東通りを鶴巻町の交差点方面へ。外苑東通りの左側の歩道をずっといくと、バス停が。そのバス停から2本目の左に入れる道を左折し、まっすぐ行くと左手にあるという感じでしょうか。

木のおもちゃって、安心して長く使えたりして喜ばれるので、プレゼントにもお買い求めになる方が多いそうですよ〜!

■お店情報
「つみきの森」公式ページ
地図(マピオン:つみきの森)


鶴巻町 弁天町 榎町
PR

『よこぐも』自然派生活用具 [六丁目]

2009年4月に、白銀公園の近くにオープンした、よこぐも(jokogumo)さん。シンプルで、気持ちのよい生活の品々と出逢えるお店。

オーナーは、「これって捨てた後どうなるんだろう?」と心配になるような製品はもとから買いたくないなぁ、という気持ちから、環境などにとても興味をもったそう。そこで安全で素敵な製品はないのかといろいろしらべていたら、日本にはとても良いものが沢山有ることに気づいたんだそうです。

素材は良くても、そこに何かを塗ったりするときに化学薬品をつかったり、それを使ううちにはげてきて口にはいってしまったり、などということもないように、本当に素材そのものをまるまる活かした道具を扱っていらっしゃるそう。

見ているだけでも触ってみても、なんだか素直に気持ちのよいものばかりです〜!





目を引くものがいろいろあるよこぐもさんですが、思わず見入ってしまったのがコレ。

昔の人のお弁当と言うか、おにぎりとかおかずとかをつつむ、薄く削られた木。これで包んだら、ほのかにウッディーな香りに癒されて、ちょっとちがったお弁当タイムになりそう。

ひとつひとつ手作りされた焼き物のおろしがね。やさしいおろしごこちに見えます。そのままテーブルにあってもカワイイでしょうね〜。


蚊帳たおる。綿がかやのような編み目で編まれていて、それが4重にかさなった心地よいタオル。洗って干してもすぐ乾くそうです。

よこぐもさんは、かごやざるなども、とっても多く取り扱っていらっしゃいます。お米を研ぐものや、おそばをのせるものなどなど、その素材なども多様で奥が深そうです。

左のかごは、猫が大好きなマタタビでできているそうですよ〜!


テーブルウエアも沢山。奥の中央にあって、写真では袋がかかっていてちょっとみえませんが、紙のストローなんていうのもありました!それを包んでいる紙も、土にかえりそうな素材で気持ちいいですね!

よこぐもさんへは、六丁目の100円ショップの角をまがって白銀公園につきあたり、左折。右手に白銀公園を見ながら直進し、白銀公園が終って、右手側がマンションになったあたりの左手です。オープン日は、その都度ホームページのカレンダーで確認した方がよさそうです。

■お店情報
「よこぐも」公式サイト
地図(マピオン:jokogumo)


神楽坂 6丁目 6丁目 六丁目 白銀公園

神楽坂シェフズカレンダー2009

イブテラスのイブさんが発起人になって企画された、神楽坂のシェフでつくる2009年のカレンダー。

イブテラスさん、ソプラ・アクアさん、神楽坂けんさん、りゅうほうさん、ブルスカさん、フレンチ・ダイニングさん、サン・ファソンさん、ル・ロワズィールさん、スクレ・サレ(在荒木町)さんのシェフたちが、カレンダーになって登場しています。

カレンダーの表面は、シェフの写真や、神楽坂のどんなところが好きかなどのコメントがあり、裏面は、シェフのお店情報(場所やメニューなど)が書いてあります。卓上サイズで便利。

上記の各お店で、500円で販売しています。結構レア商品なので、欲しい方は是非お早めにお店へどうぞ!ちょっとした年末の神楽坂土産にも、おもしろいかもしれませんね!


■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索