忍者ブログ

神楽坂のをと

神楽坂グルメ&イベント等の主観的地域情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『mugimaru2』おまんじゅうカフェ [五丁目]

神楽坂上の交差点を大久保通り沿いにちょっと飯田橋方面にいったところの路地をはいったところにある「MUGIMARU 2」。前を通りかかったことのある人なら一度は「何のお店?」と覗き込んでしまいそうなワクワクする出で立ち。古民家を改造したおまんじゅうカフェです。


席はゆっくりと日が差し込む落ち着いていてかわいいテーブル席。流木などもセンスよくレイアウトされている。


靴を脱いで2階にあがると、今度は掘りごたつでのびのびできる空間。古いものをいかしながらも、センスよくまとめあげている心地よさ。



女性のご主人ひとりで切り盛りされているのだけど、おまんじゅうをつくる姿がとても美しい。カフェを始める為におまんじゅうに注目したんじゃなくて、もともと実家がおまんじゅう屋さんで、子供の頃からもう目をつむっても作れるような感覚があるそう。それをアレンジしていろいろなフレーバーのおまんじゅうがたのしめるようになっている。

最近MUGIMARU 2には3週間お休みしますと張り紙があったので、今日は休み明け。自分のお店をやっているのだから、自分が休みたいときにはがっつり休んで人生の他の時間もしっかり楽しむ姿は素敵。これではなれちゃうようなお客さんは本当のお客さんじゃないだろうしね!


おまんじゅうが焼き上がる頃に店内に立ちこめる湯気が幻想的。ほっとなんだかおちつくひととき。


おまんじゅうは、手で割る前に、手に取った瞬間からびっくり。こんなふんわりしっとりしたおまんじゅうが出てくるとは想像していなかったから。へぇええ!おまんじゅうってこんなに美味しいんだ!こだわっておまんじゅうだけ出しているのが強くうなずける味。小手先で作ったものじゃなくて、しっかりとした歴史も味を裏付けているんだろうな。甘みもほんのりやさしくて、食感とお味と香りにゆったりとつつまれるような幸せを運ぶおまんじゅう、というかんじ。写真は黒糖まんとさつまいもまん。今日は生姜がなかったので出来なかったみたいなのだけど、生姜のおまんじゅうもおいしそうだなぁ。


麦マル「2」なので、「1」もあるのかとおもったら、1を終わって新しく2を始めたので今は1はないんだそう。

ほっこり感ばつぐんのうつわに入ったチャイもあるよ!

■お店情報
「mugimaru2」公式サイト
地図(マピオン:mugimaru2)

■他ブログ記事
* 眼鏡女子の 東京カフェブログ *
Shocola Style
ぐーたらOLの日常
徒然為る侭に。


神楽坂 5丁目 5丁目 五丁目 大久保通り
PR
*COMMENT-コメント-
▽無題

▽ほっかほか~
おまんじゅうの湯気がほかほか~と店中を暖かくしてくれるようなお店だね。特に冬には「寒いからあそこでおまんじゅうたべよ~」って入っていきたくなるような感じかも。

ケーキが焼きあがった時の甘い香りもいいけれど、蒸しケーキやお饅頭が出来た時の湯気の香りってなんともいえず好きなのよね~。その後にお饅頭をもらって二つに割った時に出てくるあの湯気、ああ幸せ~って感じる一瞬だな☆

それにしても1はもうなくて2だけ、っていうのも進化してるって感じでいいね~
posted by Mic'o URL ::2006-09-21-Thu 17:26:14 ::EDIT


▽*Mic'o
「ほかほか〜」って言葉だけでもなんだか幸せだよね。
これから寒くなってくるとさらに通うお客さん多くなるだろうな。かわいい若い娘さん達が、外から窓を覗き込みながらおまんじゅうをかって行く姿もすごくここにマッチするんだよね〜。秋になったらもっと風情が出そう!

湯気の香りってほんと、温度だけじゃなくあったかいよね。
冬のコンビニとかのおでんの臭いは好きじゃないんだけど、こういう丹誠込めて美味しいものを作り上げたときに出る湯気の香りは、ほんとほっこりするなぁ〜。
posted by ばぁちゃん URL ::2006-09-22-Fri 12:05:00 ::EDIT
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:


●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■フリーエリア
■フリーエリア
■著作権・コメント・TB
神楽坂のをと内の、写真・文章などすべての制作物の著作権は、管理人のばぁ茶んに属します。使用はご遠慮ください。

トラックバック(TB)は、「神楽坂のをと」へのリンクがあるものに限り、承認後に表示の形をとっています。
■カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■各種ツール
■検索
■書籍


ブログ「神楽坂のをと」がみなさまのおかげで書籍になりました!詳細はこちらの記事からどうぞ↓

神楽坂のをとが本になりました!
「神楽坂のをと本」を見てきました!

楽天Amazon
■神楽坂リンク集
サイドにあったリンクは 、以下のページへ移動しました。
情報
和食系
欧州系
エスニック系
バー系
カフェ・ケーキ・お茶など
ショップなど
学び
すべて(3ページ)
■地球のほほえみオンラインショップ
■アンケート
■問合せ&情報提供
■Web翻訳
■参加中

にほんブログ村 地域生活ブログへ
■アーカイブ
■バーコード
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
元神楽坂在住。世界中をぶらぶらと散歩することと、心のこもったおいしくて凛とした料理を食べるのが大好き。
■リンク歓迎!
「神楽坂のをと」へのページリンクはご自由にどうぞ!
トップに限らず、都合の良い記事のページをどんどんリンクして下さい〜!
■サイト内検索